ギター

アコギとエレキの違いとは?初心者にはどちらの方がおすすめなのか

こんにちは!kunです!

ギターを始めたいと思う時に、多くの人がアコギエレキかで悩むと思います。

アコギとエレキって何が違うんだろう?どっちの方が僕に向いてるかな…

…と悩み、選択ミスで後悔はしたくないし、一体どっちを選んだらいいの!と悩んでいる方の為に、アコギとエレキの違いや、それぞれの向いている人などを初心者にも分かりやすく解説していきます!

 

アコギとエレキどちらを始めるか悩んでいる人はぜひこの記事を読んで、どちらの方が自分に合っているかを判断するのに参考にしてみてください!

アコギとエレキの違いとは

同じギターでも一体アコギとエレキで何がどう違うのでしょうか。

共通の部分も勿論あるのですが、この両者には多くの違いがあります。

それではそれぞれ解説していきます!

アコースティックギター(アコギ)とは

アコースティックギター(アコギ)とは…

・アンプがいらず、ギター本体のみの生音で音を響かせる
・暖かみのあるナチュラルなサウンド
・弦が堅め
・軽い

アコギの一番大きな特徴は、アンプなどを使用せず、ギターのボディで共鳴させ、大きな音を出している点だと言えます。

アコギの内部は空洞になっており、弾くとボディ全体に共鳴し、アコギのみで大きな音が鳴ります。

音の特徴は乾いた暖かみのあるナチュラルな音で、うるさくなく落ち着いた音色が特徴です。

また、アコギの弦はエレキの弦よりも堅いです。
ただ、ボディの重さはエレキよりもアコギの方が軽量になっています。

miwaやYUI、長淵剛など有名アーティストでも多くの方が使用していますね。

エレキギターとは

・ギターとアンプをシールドで繋ぎ、音を出す
・様々な種類のサウンドが出せる
・弦が細く、柔らかい
・重い

エレキギターの大きな特徴は、弾いた音の振動をピックアップという部品で電流に変換し、シールドによってアンプに送られ音が出るという仕組みになっていることです。

エレキの大きなメリットはアンプにより様々な音色を出す事が出来ます!
歪ませたりエフェクターにより色んな音に加工したり、出せる音の幅も広く、その可能性は無限大です!

また、弦が細く柔らかいので、コードなどアコギよりも押さえやすいです。

ただアコギより重量が重いので持ち運びなどはその分大変です。

B’zの松本孝弘や布袋寅泰などがエレキギター使用しているアーティストで有名ですね。

アコギとエレキはどちらの方が難しい?

アコースティックギター(アコギ)の難易度

・弦が堅いので、最初はコードが押さえずらい
・コードの弾き語りメインなら難しくない
・簡単な曲の弾き語り程度なら短期間で可能

ギターを弾き始めて間もないと、弦を押さえる指先もまだ柔らかいので、慣れるまでは弦の堅いアコギの場合かなり指先が痛くなると思います。

また、アコギはネックが太い場合が多いのでコードもエレキに比べて押さえずらいです。
よくFコードが最初の難関といいますが、アコギから始めた場合そこで挫折する人を今まで何人も見てきました…

ですがある程度コードが押さえられるようになれば弾き語りメインなら初めてすぐにでも曲を弾き語りできるようになれるでしょう。

弾き語り以外にもソロギターやスラム奏法といったテクニックもあるのですが、初心者が挑戦するとなると、基礎や技術が重要になっていくるのでかなり練習が必要です。

ソロギターも極めるとここまで一人でできてしまうんです。凄い…!!!
こちらの方はギター講師のこーじゅんさん(@kojun13)です。
アコギを始めたい方はぜひフォローしてみてはいかがでしょうか!

エレキギターの難易度

・弦が細く、柔らかいのでコードが押さえやすい
・早弾きなどのギターソロは少し練習が必要
・様々なテクニックの入った曲を弾くには少し期間がかかる

エレキはアコギよりも弦が細く柔らかいので、初心者が始めるならエレキの方がコードは簡単に押さえられるようになるでしょう。

しかしエレキの場合曲を弾くとなるとコード以外のテクニックも覚える必要があるので初めて一曲コピーするとなるとアコギよりも期間や練習は必要になるかと思います。

奏法やテクニックも幅広くあるので覚える事は多いです。

それぞれ向いているのはどんな人?

アコースティックギター(アコギ)に向いている人

・歌うのが好きで弾き語りがしたい
・バンドにはあまり興味が無く、ソロギターや弾き語りなど一人で楽しみたい
・一軒家や防音マンションなど、大きな音を出せる環境に住んでいる

やはり弾き語りがしたいという理由でアコギを始める方がほとんどなんじゃないでしょうか。

弾き語りがしたいのであればエレキでアンプを通した音より、暖かみのあるアコギの音の方が合っています。

またアコギならば電気なども使用しないので、どこでも弾き語りができるので、路上ライブしたい!など考えているならアコギの方が向いているでしょう。

また、バンドを組むなどは興味がなく、趣味として一人で楽しみたいという方もアコギの方が手軽に始められ、簡単な曲であればコードを弾ければ演奏できるので挫折しずらいと思います!

ただ一つ注意点があります!

アコギは大きな音が出るので、壁の薄いアパートなどでは注意が必要!

なので壁の薄いアパートなどに住んでいる方は弾く時間が限られてきたり、かなりご近所に気を使って練習しないとご近所トラブルに発展しかねないのでご注意を!

エレキギターに向いている人

・バンドをやってみたい
・歪ませた音に憧れがある
・アパートなどであまり大きな音を出せない

バンドをやってみたいとか、バンドサウンドの曲を弾きたい!ギターソロを弾きたい!なんて方にはエレキの方が向いています。

エレキギターの生音自体はかなり小さく、アパートなどでも問題無く練習することができますし、最近のアンプはイヤホンやヘッドフォンをさせる物がほとんどなので、深夜でもアンプの音で練習をすることができるのもエレキのメリットです。

アコギの場合深夜にジャカジャカ弾いてたら確実に壁ドンですよ…(笑)

またエレキギターは色や種類も豊富なので自分好みのかっこいいギターが欲しい!って方はエレキなら好きな色、見た目の物が見つかると思います。

初めての一本はどう選ぶ?初心者におすすめなギター選び方!こんにちは!kunです! ギターを始めたい!!! でもギターって形とか色とか種類が多いし、値段も10,000円くらいの安い奴から...
【バンド】楽器を始めたい人必見!各楽器の特徴と初期費用を解説!こんにちは!kunです! 「なにか趣味が欲しいし、前から興味のあった楽器を始めてみようかな!」 と思っている方も多いのではないで...

迷ったらどちらを選べばいいか

ここまでアコギとエレキの違いを読んできても、

どっちも魅力的だしどっちにしていいか分からないよ

…と思う方もいるかもしれません。

そんな方は…二つともやっちゃえばよくね?

とkunは思います。どちらも押さえるコードの形や音は共通しているので、片方が上手くなれば必然的にもう片方もすぐ弾けるようになります。

よくアーティストもライブ中にロック調の曲ではエレキ、バラードではアコギに持ち替えて弾いたりしていますよね?

迷ったらどっちもやっちゃえばいいのです!

個人的には、どちらからやるか迷ったら「エレキギター」から始める事をおすすめしています!

なぜなら、エレキの方がコードが押さえやすいので、挫折しづらいからです!

アコギの場合指が痛くなり、コードも押さえられず挫折するパターンが多いですが、コードが押さえやすいエレキの方でコードを習得すれば、アコギでもすぐコードが弾けるでしょう。

どっちもやりたいと悩むならばエレキから入り、コードなど弾けるようになってからアコギで弾き語りにも挑戦する、といった流れが一番スムーズに弾けるようになると思います!

なのでアコギとエレキどちらを始めるか迷ったらエレキから始めてみてはいかがでしょうか!

始めるならギター、アンプ、シールド、ピックなど、エレキギターを弾くのに必要な物が全て揃っている初心者セットがおすすめです!

初心者セットを買えばエレキギターを本格的に始める事ができるので、最初の1本目にいかがでしょうか!

まとめ

アコギ まとめ

・ギターのみで音が鳴る
・弾き語りなどがしたかったらおすすめ
・音が大きいので聴く環境には注意

エレキ まとめ

・ギターをシールドに繋げ、アンプから音を出す
・ロック調の曲やバンドがしたい人におすすめ
・初心者にはエレキの方が弦が押さえやすい

アコギエレキどちらも魅力的でそれぞれメリット、デメリットはありますが、どちらも突き詰めれば難しい楽器なのは一緒です。

また、どうしても決められないようであればどちらも挑戦してみることもまた一つの手です。

その場合エレキギターから始めた方がスムーズにコードなど押さえられるようになると思うので、どちらもやりたいけど決められない!という方はとりあえずエレキギターから始めてみてはいかがでしょうか!

レッツギターライフ!

関連記事はこちら