エフェクター

コンパクトとマルチの違いは?エフェクターはどちらを選ぶべきか

こんにちは!kunです!

エフェクターにはコンパクトエフェクターマルチエフェクターの2種類あります。

しかし、エフェクターを買う時に

コンパクトとマルチどっちにすればいいの?

と悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は

①コンパクトとマルチの違い
②コンパクト、マルチのメリット、デメリット
③初心者にはどちらがいいのか

ということを解説していきます!

コンパクトとマルチのどちらを買うか悩んでいる人はぜひ参考にしてみて下さい!

コンパクトとマルチの違いとは?

コンパクトエフェクターとマルチエフェクターではどのような違いがあるのでしょうか。

まずはその違いから解説していきます!

コンパクトエフェクターとは

コンパクトエフェクターとは、一つのエフェクターに一つのみのエフェクトが搭載されたものです。

歪み、ディレイ、リバーブなど、一つのペダルに一つのみが搭載されており、その名前の通り大きさもコンパクトで使用しやすいものです。

操作もノブをいじるだけで直感的にを変化することができ、初心者にも扱いやすくなっています。

アナログ回路で構成され音を出す仕組みになっているので、自然な暖かみのあるサウンドが特徴です。

ただ、色んな音を使いたいという場合には何個もコンパクトを買って、その分持ち運びも大変になります。

また、色んな種類のコンパクトを使用するとなると、その分エフェクター同士を繋ぐケーブルと電源も別途必要になります。

余りにこだわって色んな音を使用しようとするとお金もかかるし持ち運びも大変になるのがネックです。

マルチエフェクターとは

マルチエフェクターは一つのエフェクターに複数のエフェクターやアンプのモデリングなどを内蔵し、一台で複数の音色を同時に使う事のできるエフェクターです。

コンパクトだと曲ごとに設定を変えたりするのが手間になりますが、マルチの場合はその手間を省くことができます。

使いたいエフェクトを選び、好みの音作りを完成させたら保存することが可能です。

いくつも作成して保存しておけばスイッチを踏むだけで作りこんだ音を呼び出すことができます。

コンパクトエフェクターがアナログなのに対し、マルチはコンパクトをシュミレートしたデジタルな音となっています。

物によってはデジタル感のある音の場合もあり、サウンドは好き嫌いが分かれます。

価格帯はぴんきりですが、最新のハイエンドの物になるとよりリアルなサウンドを再現しており、アナログと聴き分けが付かないほどのクオリティの物もあります!

コンパクト、マルチのメリット、デメリット

コンパクトとマルチでそれぞれどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

どちらを選ぶかは、メリット、デメリットをしっかりと理解した上で選ぶことが重要です。

それぞれのメリット、デメリットは以下のものになります。

コンパクトエフェクター

【メリット】
・初心者でも操作が簡単
・直感的に音作りができる
・マルチより音が良い場合が多い
・大きさが小さい

【デメリット】
・沢山揃えると費用がかかる
・沢山使用すると持ち運びが大変
・別途ケーブルや電源が必要になる
・曲ごとにセッティングが変わる場合大変

マルチエフェクター

【メリット】
・色んな種類のエフェクトが使用できる
・持ち運びがしやすい
・作った音作りをいくつも保存することができる
・音の切り替えが楽

【デメリット】
・デジタル感のある音がする場合がある
・操作は慣れるまで難しい

などがあげられます。

コンパクト派とマルチ派は大きく好き嫌いが分かれ、色んな意見があります。

ですが結局は自分の好みと使用用途に合った物を使うのが1番です!

なので自分にはどちらの方が合っているのかをしっかりと判断して購入しましょう!

初心者はどっちがいいか?

では初心者にはどちらの方がいいのでしょうか?

一概にはどちらの方がいいとは言えないですが、目的などによってどちらがいいかは変わります。

初めてのエフェクターでとりあえず歪ませてみたい!

という方はコンパクトの歪みを買うのがいいと思うし、

色んなエフェクターを使ってみたい!

という方はマルチの方がいいと思います。

目的によってどちらがいいかは変わると言いましたが、その具体例を2パターンご紹介します。

軽音楽部で色んな曲をコピーする場合

個人的なおすすめですが、学生で色んなバンドのコピーをやるのであれば「マルチエフェクター」がおすすめです!

理由はいくつかあります。

①マルチなら作った音をいくつも保存しておけるから
②軽音楽部はジャンルの違う曲を何曲も弾く場合があるから
③持ち運びが楽だから


軽音楽部だと色んなジャンルのコピーバンドをやる場合があると思います。

例えばある時はドロップCで歪ませたディストーションサウンドのバンドの時もあれば、クランチなどでポップスやロック、クリーンでjazzだったり色んなバンドのコピーをするかもしれません。

そうなった時に曲の度に必要なコンパクトエフェクターを揃えようとしたらお金がいくらあっても足りませんし、持ち運びも大変です。

マルチなら曲ごとの音作りをスイッチ一つで切り替えられ、エフェクターを何個も持ち運ぶ必要が無いので、費用も持ち運びも楽です!

バンドを組んでジャンルは固定の場合

次はオリジナルバンドやある一つのバンドのコピーバンドを組み、曲のジャンルが統一されている場合です。

曲のジャンルが固定されている場合、「コンパクトエフェクター」を使用するのがおすすめです。

理由は以下の通りです。

①使うエフェクターが限られているから
②最低限のエフェクターに絞る事で持ち運びが楽になる

例えばメロコアバンドを組んだとして、こだわったエフェクトを特に使用しない場合、コンパクトで必要な物だけを揃えた方が音もよく、持ち運びも楽な場合があります。

歪みはマーシャルのアンプを使用し、ソロの時のブースターと+空間系一つのみしか使わないなどであればマルチである必要もないかと思います。

バンドの方向性が定まっているなら、エフェクトの種類や機能が多く操作性も難しいマルチより、操作性が容易で分かりやすいコンパクトに絞った方がいいかもしれません。

マルチは日々新しいより良いものが発売されていきますが、コンパクトは古くなったとしても他のエフェクターに引けを取らずに安定して使い続けることができるのも強みです。

おすすめのエフェクター

ここまで読んできた方は自分にはどちらが合っているのか判断できましたかね?

初めてのエフェクターを買いたいけど

類が沢山ありすぎて何買って良いか分からないよ

と思うでしょう。

そこでとりあえず初心者はこれ買っとけば間違いない!

というエフェクターをご紹介します!

おすすめのコンパクトエフェクター

コンパクトの場合、最初の一台目は多くの方は歪みエフェクターを買う場合が多いです。

オーバードライブやディストーションを買えばJC-120 などでも歪ませることができます。

そこでコンパクトは定番のこれ買っとけば間違いないという歪みをご紹介します!

BOSS Blues Driver BD-2】

コンパクトの歪みの超ド定番、BOSS Blues Driver BD-2です!

こいつの凄いところは音作りの幅の広さです!

クランチから激しく歪ませれば軽いディストーションまで音を出す事ができます。

またGAINを絞ればブースターとして使うこともでき、ソロの時に踏み、ぐっと音圧を稼ぐといった使い方もできる優れ物です。

その幅広さと安定性などからプロでも多くのギタリストが使用しています。

値段も他の歪みより安く、どの楽器屋に行っても必ず置いてある超定番エフェクターです!

おすすめのマルチエフェクター

BOSS GT-1 マルチエフェクター 】

 

マルチでコスパ最強なのがこのBOSS GT1です!

サイズ(W×H×D) 重量
305×271×56mm 1.3Kg

 

他のマルチに比べると圧倒的にコンパクトで軽く、ギグバックに入れられる程のサイズ感が驚きです。

このコンパクトさで、エフェクトは108種類も搭載されており、これ一台で全てが揃ってしまいます!

音色のクオリティとしては十分プロの現場でも使用できるサウンドで、操作性も初心者に優しいイージーモードという機能も搭載されており、マルチエフェクターの中でも扱いやすいです。

オーディオインターフェイスの機能も搭載されており、DTMにも使用できます。

また、他人の作った音をネットから取り込むこともでき、上手い人の音作りをそのまま使用したり、自分の音をアップしたりと言った使い方もできます!

これだけの機能性で値段がとにかく安い!

2万円でお釣りがきます!

初めてのマルチとしても優秀だし、メイン機材としてライブでバリバリ活用していくにもぴったりのマルチエフェクターなのでマルチに悩んだらこれを買っとけば間違いないです。

コンパクトとマルチの違い、どっちを選ぶべきかのまとめ

コンパクトとマルチの違いなどをご紹介しました。

ここでそれぞれのメリット、デメリットを再度確認しましょう。

コンパクトエフェクター

【メリット】
・初心者でも操作が簡単
・直感的に音作りができる
・マルチより音が良い場合が多い
・大きさが小さい

【デメリット】
・沢山揃えると費用がかかる
・沢山使用すると持ち運びが大変
・別途ケーブルや電源が必要になる
・曲ごとにセッティングが変わる場合大変

マルチエフェクター

【メリット】
・色んな種類のエフェクトが使用できる
・持ち運びがしやすい
・作った音作りをいくつも保存することができる
・音の切り替えが楽

【デメリット】
・デジタル感のある音がする場合がある
・操作は慣れるまで難しい

自分にはどちらの方が合っているかをよく見極めてどちらを購入するか決めましょう。

また、別に一つにこだわる必要もなく、上級者の中には歪みだけお気に入りのコンパクトを使い、他はマルチエフェクターを使うなど組み合わせて使用する方法もあります。

どちらが良いとか悪いという事ではないので、とにかく自分が気に入った方を使用すればいいと思います!

上手くなってきたら色々な使い方を試してみたくもなるでしょうし、とにかく気になったら悩む前に触れてみる事が大切です!

エフェクターもギターと同じく楽器屋で試奏することもできるので、気になったエフェクターがあったら気軽に店員さんにこれ弾かせて下さい!

と申し出てみましょう!

この記事を参考にお気に入りの一台が見つけられるといいですね!

レッツギターライフ!

初心者でもギターの試奏ってしていい?楽器屋での試奏のマナーとはこんにちは!kunです! 楽器屋でギターを見ていたら気になったギターが...! 試奏してみたいけど何弾いたらいいのか分からないし...

 

関連記事はこちら