初心者講座

初心者でもギターの試奏ってしていい?楽器屋での試奏のマナーとは

こんにちは!kunです!

楽器屋でギターを見ていたら気になったギターが…!
試奏してみたいけど何弾いたらいいのか分からないし、初心者が試奏しても迷惑に思われるかな?

など思って勇気が出ず、結局試奏せずにお店を後にしてしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか。

ですが、試奏は初心者でも積極的にして大丈夫ですし、楽器屋もたとえ初心者でも優しく対応してくれます!

そこで今回は、初心者が楽器屋で試奏する時にチェックすべきポイントと、やってはいけないタブーなどをご紹介したいと思います!

そもそも試奏の目的とは?

ギターは種類もたくさんあり、重さや太さ、音の鳴りなど様々な違いがあります。
また、たとえ同じギターだとしても、個体ごとにネックの反りや中古だとフレットの浮きや削れ具合など状態も大きく異なります。

試奏してみて主に弾きやすさ、音の響きや伸びなど、コードがしっかりと響いてきれいに鳴ってくれるかなどを確認します。

しかし、初心者だと音の響きとか言われてもよく分からないと思います。
ですが、これから始めたい全くの初心者でも試奏をすることをおすすめします!

弾けなくても構えてみて、うわ~意外と重いなぁとか、かっこいい!とかを感じたり、じゃーんと鳴らしてみていいなぁと直感で決めるのも全然ありだと思います!

試奏せずに買って、後でなんか違うなぁと思う事もあるかもしれません…
なので積極的に試奏して、気に入った一本を探す事はとても重要です!

試奏をするにはどうしたらいい?

気に入ったらギターがあったら店員さんに「このギターの試奏をしたいです!」と伝えればよほどのことがない限り対応してくれます。

この時、初心者なんですがということも伝えておくとセッティングや扱い方を丁寧に教えてくれると思うので、最初声をかけるのに勇気がいると思いますが、優しく対応してくれますのでご心配なく!

また、試奏したら買わなきゃいけないの?と初心者だと思いがちですが、気に入ったら買えばいいし、なんか違うな、と思ったら「ありがとうございました!!!」で店を後にしても大丈夫ですよ!(笑)

店員も毎日何人ものお客を相手にしてますから、
ありがとうございました!(なんだこいつ買わねえのかよ…)
なんて一々思いません…(笑)

ただ、初心者に限らず何十万もする高価なハイエンドギターなどを試奏したいと言っても、断られる場合もあります。
また、一部のお店では試奏が時間制で有料の店舗も登場し、SNSなどでも論議を醸していますが、そのような店舗は稀ですし、普通の楽器屋は無料で試奏できるので、積極的に試奏していきましょう!!!

試奏でやってはいけない迷惑行為とは?

いくらこちらが客だとしても、店からすると迷惑な行為というものもあります。
中でも例をあげると、

・アンプの音量を爆音で弾く
・長時間弾き続ける
・乱暴に力強く弾く
・練習を始める
・数人で行き、勝手に交代して弾いている

などが特に楽器屋の店員や他の客から嫌がられる行為です。
項目ごとに解説していきましょう!

アンプの音量を爆音で弾く

弾いているうちに気持ち良くなってきて、徐々にアンプの音量を上げていき爆音で弾いている人をたまに見かけますが、常識的に考えて店にも周りのお客さんにも迷惑なのでやめましょう。

長時間弾き続ける

試奏を始めたら夢中になってしまい、30分、1時間と弾き続けたらさすがに店側に迷惑がられるでしょう…

長時間弾いて買わずに帰ったらさすがに店員も嫌な顔をするかもしれません(笑)
なのである程度確認したいことが確認できたら、遊び始めずに終了しましょう!

乱暴に力強く弾く

たまにストロークが大振りで、ピックをボディにガシガシ当てながら弾く人がいますが、売り物のギターに傷をつけるような乱暴な弾き方はやめましょう。

ギターの試奏は売り物を弾かしていただいている訳ですから、セッティングから返す時まで丁寧に扱いましょう。

練習を始める

長時間弾き続けるに通ずつ部分がありますが、たまに試奏で普通に練習している人っていますよね(笑)

同じフレーズを何度も繰り返し弾いたりしていると、店員や他の客に「家でやれ!!!」と思われてしまいます!(笑)
夢中になると周りが見えなくなるとよく言いますが、他のお客さんや店員の気持ちも考えて
試奏しましょうね!

数人で行き、勝手に交代して弾いている

友達同士ので来た学生グループにありがちなのがこれですね。
一人が試奏を初めて友人達が、「俺も弾きたい!」と店員に断りなく弾き始めて大盛り上がりしてたら店員にも周りのお客にもとても迷惑ですね。

勿論店員に許可を取って正しく試奏する分にはいいんですが、勝手に売り物であるギターがおもちゃにされていたら店員としてもとても腹が立ちますよね。

常識として最低限のマナーは守りましょうね!

まとめ

ギターを選ぶ上で実際に手に取って弾いてみるのはとても重要な事です。
これからギターを始めようと思っている初心者でも、一度ギターを手に取り、重さや質感などを実際に感じてみると、しっくりとくる自分に合った一本というものが見つかるはずです。

最初は店員に声をかけて試奏したいです!と言うのは緊張すると思いますが、全くの初心者でも優しく対応してくれるので、積極的に試奏はすることをおすすめします!

ぜひ初心者の方も試奏をしてみて気に入ったお気に入りの一本を探してみてくださいね!

レッツギターライフ!

 

 

関連記事はこちら