ギターケース

ギターケースの種類って?特徴と自分に合うギターケースの選び方とは

こんにちは!kunです!

最初にギターを買ったときに付いてくるぺらぺらのソフトケースじゃ大事なギターに傷がついてしまいそうだし心配ですよね。

新しく機能的なギターケースが欲しいけど、種類が沢山あって何買えばいいのか分かんないな…

…とギターを続けていくと誰しもがより良いギターケースが欲しいくなるが、種類が多く何を買っていいのかと悩むのではないでしょうか?

ギターやエフェクターが沢山置いてあっても、ギターケースの品揃えが豊富な楽器屋って滅多に無いし、自分の好みの物が中々見つからないですよね…
また、ソフトケースギグバッグセミハードケースハードケースと種類があるけど何が違くて自分はどの種類を買ったらいいのと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで新しいギターケースが欲しいと思っている方の為に、種類ごとにどう違うのかを分かりやすく解説し、ご紹介します!

ぜひこの記事を読んで、自分に合ったギターケースを見つけてみてください!

ギターケースの種類とは?

ソフトケース

比較的安価なギターを購入するとついてくるのが大体ナイロン製のソフトケースですね。
価格帯は1,000円~5,000円程度安価
一度触ったことがある方はご存じの通り、基本的に生地が薄くてぺらっぺらな物が多いですね(笑)

ショルダーも一応ついていて、中にはリュックの用に背負えるようになっている物もありますが、とても薄いので衝撃や振動でギターを傷つけてしまう事も多々あります。

実際にkunも初心者の頃、ソフトケースに入れて背負って自転車に乗って移動したことがあるのですが、目的地に着いてケースを開けたらギターに傷が…という苦い経験も(笑)

メインで移動する時に使用するのは余りおすすめはしませんが、サブギターを部屋で保管しておく程度ならコスパも良いですしソフトケースはおすすめできます◎

ギグバッグ

 ギグバッグは簡単に説明すると、ソフトケースとセミハードケースのいい所を足して2で割ったようなケースです!(笑)
価格帯は2,000円~20,000円程度とまちまちです。

緩衝材クッション材を使用することにより、ギターを衝撃から保護しすることができます!
またそれほど重く無いので、移動の多い軽音楽部生やバンドマンにおすすめです。

ショルダーや収納ポケットも付いているので、ギグバッグなら楽譜やエフェクターを詰めて、両手は手ぶらでスタジオに練習に行くことも可能です!

ギグバッグはデザインも豊富で機能性から見た目まで自分好みの物を見つけることができるでしょう。

ちなみにkunも学生時代からずっとギグバッグを使用しておりまギグバッグに変えてから自転車に乗っても傷をつけずに持ち運ぶことが可能になりました(笑)

kunの使用しているおすすめのギグバッグ
IGIG ギターケース エレキ用 G310B BLK/BLK」です!
しっかりとしたクッション材でギターを衝撃から守ってくれ、収納ポケットも他のケースに比べて非常に大きいので、PCとシールド、コンパクトエフェクターぐらいなら入れて持ち運べることができます。
また、ケース専用レインコートも収納されており、雨の日でも安心という優れ物です!

セミハードケース

ギグバッグよりも重量は多少増しますが、より耐久性、耐衝撃性に優れ、ハードケースに近づいた物がセミハードケースです。
価格帯は5,000円~30,000円くらいと幅が広いです。

ギグバッグよりもクッション材が厚かったり、樹脂などのパネルや板が入っているものもあり、ギグバッグより耐衝撃性や耐久性が高いのが特徴

機能的にはギグバッグの上位互換と言ったところでしょうか。ただ、ソフトケースやギグバッグと比べると重いので、重さは妥協できて、より頑丈なケースでギターを持ち運びたいという方におすすめです!

ハードケース

 数あるギターケースの中でも最強の耐衝撃性を誇るのがハードケース。
価格帯は10,000円程度~高い物で100,000円を超える物も!

年代物や高価なギターを買うと付属してくることもあります。

ケースのボディは木製、合成樹脂、強化プラスチックなど外部からの衝撃にとても強い素材で作られているので、大事なギターに傷をつけることなく保管することができます
また、ギターに触れる内装はボア生地などの柔らかいクッション性に優れた素材が使われており、ケースに振動を与えても中でギターを傷をつけることなく衝撃から守ってくれます。

ただ、他のケースに比べてかなり重量があるので、電車や徒歩で移動する事の多いバンドマンや学生にはあまり向かないでしょう。

車や飛行機などで持ち運ぶ場合には、他のケースに比べて傷をつけることなくしっかりと大事なギターを守ってくれるので安心です!

また、自宅でもハイエンドギターなど大切に保管したいギターに対して使用してもギターのコンディションを最低限保ったまま保管できるでしょう。(ただ日々のギターのメンテナンスは必須です!)

まとめ

今回はギターケースの種類の違いについてご説明しました!
そしてkunなりにどんな人が各ケースに合っているのかまとめてみました!

ギターケースの種類まとめ

・ソフトケース:ちょっとした持ち運びやサブギターの保管に適している
・ギグバッグ:移動の多い軽音楽部やバンドマンにおすすめ
・セミハードケース:より頑丈なのがいい心配性な方に向けおすすめ
・ハードケース:傷を絶対に付けたくない、車などで運ぶ方におすすめ

注意してほしいのはネットでギターケースを買う場合、しっかりと仕様やレビューを調べて、自分の求めている機能性や耐久性はしっかりとあるのかを見極めてから購入しましょうね!

レッツギターライフ!

関連記事はこちら