初心者講座

パワーコードの押さえ方とは?薬指より小指を使った方がいい理由!

こんにちは!kunです!

皆さんパワーコードを弾く時、左手は人差し指とももう一本は薬指小指どちらを使っていますか?

初心者の方や手の小さい方は薬指でやりがちだと思います。

教則本などを見ると、パワーコードの押さえ方で薬指、もしくは小指で押さえると説明されているし、確かに薬指で押さえるのも間違いではありません。

ですが!

パワーコードを押さえる時、薬指よりも小指を使った方がいいです!

ではなぜ小指を使った方がいいのかをご説明していきます!

パワーコードとは?

そもそも「パワーコード」とはどういった奏法なのかをご説明します。

難しく言うと、ルート音とその5度上の音のみで構成されているコードで、ロックなどで多用されている奏法なのですが、初心者向けにめちゃめちゃ簡単に説明すると…

弦2本だけ押さえるだけで簡単にかっこいい音が出せるコードです!

手の形は変えずにずらすだけでコードチェンジできるので、初心者にも弾きやすいテクニックです。

曲によってはこのパワーコードのみで弾ける曲もあるので、多くのギター初心者はパワーコードをまず練習したのではないのでしょうか?

様々な曲で使用されている奏法なので、正しいフォームでマスターしましょう!

なぜ薬指より小指の方がいいのか?

パワーコードの左手を薬指と小指どちらを使った方がいいのかは諸説あるのですが、kunの経験上、圧倒的に小指を使った方が利点が多いし、活躍しているプロなどを見ても薬指を使ってパワーコードを弾いているギタリストっているのでしょうか…
(いたら教えてくださいw)

 

ではなぜ薬指を使ったパワーコードより小指の方がいいのでしょうか?

小指でパワーコードを押さえるメリットをまとめてみました。

①余弦のミュートがしやすい
②コードチェンジがスムーズにしやすい
③他のテクニックにも応用しやすい

それでは一つ一つ解説していきます。

①余弦のミュートがしやすい

今回は5弦3フレット6弦5フレットのパワーコードを例に見てみます。

まず、薬指を使ったパワーコートのフォームを見てみましょう。

【薬指で押さえるフォーム】

始めたばかりだと小指の可動域も小さく、多くの初心者は薬指で5弦を押えていると思います。

ですがこの押さえ方はあまりおすすめできません。

薬指を使ったパワーコードは変に力んでしまい、音を出さない6弦、3弦、2弦、1弦のミュートもしずらいです。

また、初心者にありがちなのが余っている小指が不安定でばたついてしまい、見た目も綺麗ではない事が多いです。

では5弦を小指で押えているフォームを見てみましょう。

【小指で押さえるフォーム】

小指で押さえる最大のメリットは余っている中指、薬指で弾かない余弦のミュートができることです!

初心者のパワーコードは5弦ルートで弾く場合、6弦が上手くミュートできず余計な音が鳴っている場合が多いです。

ですが小指を使ってパワーコードを弾く場合、余っている中指、薬指で覆いかぶさるように6弦に触れてあげる事で6弦をきちんとミュートすることができます!

指が短かくて6弦に届かないよ!

という方がいるかもしれませんが、原因は指の短さ以外にも、ネックの裏にあてている親指の位置や、手首の曲げ方など他のことが原因で届かない場合があります。

極端に指が短く無い限り、恐らく正しいフォームで押えれば届くと思うので、youtubeなどで上手い方のフォームをよく参考にし、一度自分の押えるフォームを見直してみるといいでしょう!

②コードチェンジがスムーズにしやすい

小指で押える利点として、コードチェンジがスムーズにしやすい事も上げられます!

薬指で押えるパワーコードは薬指に力が加わりやすく、例えば6弦ルートから5弦ルートのパワーコードに移動する時、もたつきやすいです。

ですが小指で押える事でばたつきずらく安定するので、スムーズにコードチェンジすることができます!

③他のテクニックにも応用しやすい

人差し指と小指で押え、余った中指、薬指でミュートするというテクニックは他の奏法にも応用することができます!

例を上げると…

①オクターブ奏法

②単音カッティング

この二つの奏法のフォームをする際にも、小指で押える癖をつけておくととても役立ちます!

この二つの奏法のコツも、弾かない余弦のミュートがキモになってくるのですが、パワーコードと同じく、人差し指と小指を使い、中指、薬指で余弦をミュートすることで余計な音を鳴らさずに弾くことができます!

他にもパワーコードの後に繋がるフレーズによっては薬指で押えていると弾きづらいフレーズの曲もあるので、小指で押えるフォームを覚えておくことで様々な事に応用することができます。

まとめ

パワーコードを押さえる時に、薬指ではなく小指を使った方が良い理由としてまとめると…

小指の方がいい理由

①余弦のミュートがしやすい
②コードチェンジがスムーズにしやすい
③他のテクニックにも応用しやすい

という事を初心者のうちから知っておくと、上達してきた時に他のテクニックにも応用できるので、小指を使ったパワーコードを練習することをおすすめします!

最初に薬指での弾き方を覚えて、上達してから小指に矯正するのは苦労するので、できれば初心者のうちから小指で練習しておくとスムーズに上達することができると思います。

なので薬指で押さえるのも決して間違いではないですが、小指を使った方がメリットが多いので、ぜひ皆さん小指を使用するパワーコードを練習してみてください!

レッツギターライフ!

関連記事はこちら