機材

ギターの練習にメトロノームは必要不可欠!?使い方とおすすめとは!

こんにちは!kunです!

皆さんはギターの練習をする時にメトロノームを使用していますか?

曲に合わせて練習しかしてないや

…という方も多いんじゃないでしょうか?

確かに好きな曲に合わせて弾くのは楽しいけど、それだけでは上達は遅いです!

メトロノームを使用することでリズム感を鍛える事ができ、より上達することができます!

今回はメトロノームはなぜ活用すべきなのか、どうやって使うかなどご紹介していきます!

なぜギターの練習にメトロノームは必要不可欠なのか?

例えば曲のギターソロや基礎練習など、メトロノームを使用せずに感覚で練習していると、自分では弾けていると思っても、客観的に聴いた時案外ずれまくっているんですよね…

間違ったリズムで練習を続けていると、癖が付き上達も遅くなってしまいます。

なので一定のテンポをキープして正確に弾けるようになるにはメトロノームを使用することは必要不可欠と言えます!

メトロノームはどのように使用するのか

ではメトロノームはどうやって使うのでしょうか?

全ての練習にメトロノームを使う必要もないと思いますが、kunはいつも次の使用方法で使っています。

①基礎練習の時
②曲のギターソロなど、原曲のスピードで弾けないフレーズ

主にこの2つに使用方法でメトロノームを使っています。

それぞれ解説していきます!

①基礎練習の時

メトロノームのメインでの使用方法はこちらになります。

リズムパターンスケール練習を行う時は必ずメトロノームを使用した方がいいです!

メトロノームを駆使して初めて基礎練習は意味を成します。

もちろんただ弾いているだけでもピッキングなどは多少上手くはなりますが、基礎練習でメトロノームを使っていない人はかなり損をしていると思ってください。

基礎練習は何したらいいのと言う方はこちらの記事を参考にしてください!

ギターの基礎練習って何したらいい?初心者におすすめな基礎練習!こんにちは!kunです! 初心者の頃ってどんな練習をしたらいいのか分かりませんよね。 基礎練習が大事という事はどのサイトにも...

②曲のギターソロなど、原曲のスピードで弾けないフレーズ

例えば好きな曲のギターソロを原曲のスピードで弾こうとした時に一発じゃ弾けない事がありますよね。

そういった時にこそメトロノームの出番です!

曲に合わせて弾けないのに無理して練習しても、中々弾けるようにはならないし、弾けているつもりでもリズムはブレブレでは意味がありません。

一旦曲に合わせての練習は置いておいて、メトロノームを鳴らして弾けないフレーズの部分だけ練習をしましょう。

メトロノームを使う時のポイント

メトロノームを使う時にぜひ意識してほしいポイントがあります!

ゆっくりなテンポから練習をすること!

kunの場合、例えばBPM140のギターソロが早くて弾けない場合、半分のBPM70とかでメトロノームを鳴らして練習を始めます。

早く弾けるようになりたいから焦っていきなり早いテンポで練習したくなる気持ちも分かります。

ですが、そこをぐっとこらえてまずゆっくりのテンポで弾けるようにしましょう。

正しいリズムと、左手と右手のシンクロを意識し、力んだり、変なフォームにならないように意識します。

そしてゆっくりなテンポで綺麗に弾けるようになったら少しずつテンポを上げて、目標のテンポまで同じ事の繰り返しです。

この時のテンポの上げ方もポイントがあります!

テンポは4か5ずつくらい上げる事!

ゆっくりなテンポで弾けるようになって

早くしても弾けそうだしめっちゃテンポあげよっと

といきなり早いテンポで弾くのは×

「急がば回れ」

ということわざがあるように焦ってはいけません!

正しいテンポとリズムで弾けるように必ず少しずつゆっくりなテンポから徐々に上げていくことが大切です!

メトロノームの種類って?

メトロノームにもいくつか種類があります。

①振り子式
②電子式(デジタル)
③アプリ

の3つがあります。

①振り子式

は↑の写真の物ですね。よく音楽室とかにありましたよね。

振り子が左右に振れ、音と視覚でもリズムが取れるのが特徴。

ゼンマイを巻いて使う物で電池などが不要なので、どこでも使用でき、とても扱いやすいメトロノームです。

シンプルな物がいいならおすすめ!

②電子式(デジタル)

電子音でリズムを刻む電子式(デジタル)メトロノーム。

振り子式よりコンパクトで、チューナーの機能も一緒に搭載されているものもあり、持ち運びも便利です。

電子式と言う名の通り、電池で駆動します。

振り子式は劣化やゼンマイの巻き方などによりややテンポが不安定になる可能性がありますが、電子式は電池が持つ限り安定して長く使用することができます。

イヤホンを差して使用することができるものもあるので便利です!

ギタリストが購入するならこちらがおすすめ!

③アプリ

便利な時代になったもので、その名の通り、androidやiPhoneなどのアプリにもメトロノームがあります!

変拍子などにも対応した有料の物もありますが、無料アプリでも十分活用できるものも多くあるので、スタジオなど外でちょっとテンポの確認したい!という時に活用すると便利です!

④おまけ

メトロノームを買うお金が無いよ

と言う方に、今すぐにPC、もしくはスマホを持っていればすぐ使えるメトロノームを紹介します!

ずばり...Google先生です!

Googleの検索で「メトロノーム」と検索するだけ!

PCで検索しても検索上部に同じ画面が出てきます!

BPM40~218までの範囲でしか使えません(笑)

十分活用はできると思いますが、しっかりとしたメトロノームを買う事をおすすめします。

しかしGoogle先生は検索以外に色んな機能がついていて凄いぜぇ…

おすすめのメトロノーム

ギターを練習する上で使用するメトロノームは電子式(デジタル)の物をおすすめします!

その中でも特におすすめなメトロノームをご紹介します!

BOSS DB-30


LED表示で視認性も良く、24種類のビートなどのリズムパターンを内蔵し、様々な組み合わせでリズムトレーニングが可能です。

また、曲のBPMが分からない場合でも、タップボタンを押すだけで簡単にテンポ設定ができるタップ・テンポ機能がとても便利です!

クリックの音も大きいので、スタジオ内での使用も問題ありません。

また、背面にクリップが付いているので、ギターのストラップに取り付けたり服に引っかけたりして使えるので実用性も◎

コンパクトで持ち運びもしやすく、価格も安価なので買って損はしないメトロノームです!

Smart Metronome & Tuner

Smart Metronome & Tuner

Smart Metronome & Tuner

Tomohiro Ihara無料posted withアプリーチ

こちらはiPhoneアプリのメトロノームです。

無料でダウンロードでき、シンプルなのですが、機能性も優れ十分活用できると思います。

テンポ、拍子をプリセットして登録することができます。

また、自動的に徐々に早くしていくことができるリピートモードや、拍子、小節数、テンポを自由に設定でき、途中で拍子やテンポが変わる曲などにも使用できます。

ただ、バックグラウンド再生ができないので、youtubeなどで曲を聴きながら練習などはできません。

無料なのでぜひダウンロードしてみてください!

ギターの練習にメトロノームは必要不可欠?まとめ

ギターの練習にはなぜメトロノームを使用したほうがいいのか、おすすめはどういったものかなどをご紹介してきました!

ギターを上達する上で、メトロノームを使用し、正しいリズムやテンポを身につけるという事は重要だと言う事が理解していただけたかと思います。

メトロノームを使用して練習する上で重要なのが、

ゆっくりのテンポから練習し、徐々に(4か5BPMずつ)テンポを上げていく

と言う事を頭に置いておいて下さい!

少しずつテンポを上げて練習していけば、原曲のテンポに到達した頃にはスムーズに綺麗に弾く事ができているはずです!

記事中にも言いましたが、

「急がば回れ」

です!

メトロノームを活用して上達しましょう!

レッツギターライフ!

この記事がいいね!と思ったら応援クリックお願いします!


ギターランキング

関連記事はこちら