初心者講座

上達したいなら録音しろ!ギター上達のコツは自分の演奏を録音する?

こんにちは!kunです!

皆さんはギターの練習はどんな方法で行ってますか?

教則本を見たり、最近だとyoutubeなどでもギター講座動画などが沢山あり、初心者でも簡単に情報を得られ、誰かに教わらなくても独学で十分上達できる世の中になってきましたね。

練習し、少しずつ弾けるようになってきて、

意外と俺センスあるかも!?

と思う方もいるかもしれません。

しかし、自分が思っているよりリズムもよれよれでミスも多く弾けていないものです。

ではどうすればより効果的に効率的に上達することができるでしょうか?

それはずばり今回のタイトルにもある通り、上達するには自分の演奏を録音し、聴くことがかなり効果的なんです!

ではなぜ自分の演奏を録音し、聴くことが上達するのに効果的なのかをご説明していきます!

なぜ自分の演奏を録音した方がいいのか?

なぜ自分の演奏を録音したほうがいいのでしょうか。

それは以下の理由で録音することをおすすめしています。

客観的に自分の演奏を聴くこととで、自分では気づけないミスやテンポのずれなどを把握することができる

自分では上手く弾けていると思っていても、客観的に自分の演奏を聴くと、余りの下手さに最初はショックを受けると思います。

細かいテンポリズムのずれミスって弾きながらだと以外と気付かないんですよね。

そのミスなどを気付かないままにしていると上達も遅いし、後からそれを直そうと思っても中々苦労すると思います。

そこで自分の演奏を録音し、どこを改善するべきか、どのような癖があるのかをしっかりと認識することで今後練習する時に効果的に上達していくことができます

演奏を録音する方法

自分の演奏を録音する方法はいくつかあります。
手軽な方法から本格的に録音する方法までご紹介します。

ギターを録音する方法

・スマホ、デジカメなどで動画を撮る
・DAWソフトを使用し、ライン録音する
・ルーパーを使用する

それでは各項目ごとに解説していきます!

スマホ、デジカメなどで動画を撮る

初心者にはこの方法が一番おすすめです!

最近のAndroidiPhoneは綺麗で音質の良い動画を気軽に撮ることができるので、自分のギターを弾いている姿をスマホで動画に撮ることはかなり有効な手段と言えます!

弾きながらでは気づかなかったミスや癖が、スマホで動画を撮るだけなら今すぐにでも簡単にチェックすることができます。

また、音と同じく自分の弾いているフォームって客観的に見ないと正しいフォームで弾けているかは確認しずらいので、動画で録画することによりフォームを確認することができます。

スマホに練習した動画を残しておくと、過去の自分と見比べて成長が分かりやすいし、上達していると実感しやすいので、モチベーションアップにも繋がります。

スマホで撮るだけならスマホを持っていれば費用もタダなのでおすすめの録音方法です!

DAWソフトを使用し、ライン録音する

次は少し本格的な録音方法をご紹介します。

その方法とは、ギターをオーディオインターフェイスに通し、DAWソフトなどを使用しライン録音する方法です。

ライン録音するメリットは、雑音などが入らず、純粋なギターを弾いた音だけが録音できることです。

最近だと、マルチエフェクターがオーディオインターフェイスの役目を果たしてくれる物もあるので、使用しているマルチエフェクターに機能が付いている方などは綺麗にギターの音を録音できるのでおすすめです!

また、iPhoneiPadを使用している方は標準でインストールされている「Garage Band」でも録音ができます!

Garage Bandの凄いところはギターやベースを録音するだけでなく、アンプシュミレーションやエフェクターも搭載されているので、iPhoneとギターを持ち出せばどこでもアンプの音で練習ができるところです!

Garage Bandにギターを接続するにもオーディオインターフェイスが必要ですが、iPhone向けに作られた比較的安価なオーディオインターフェイスも発売されています!


単純にギターを録音してみたいという方にも、今後曲作りなどにも興味があるという方は、ライン録音を覚えておくと今後役立つと思いますので、本格的にギターを録音してみたいという方はおすすめの方法です!

ルーパーを使用する

引用:RC-1 – Boss より

次に「ルーパー」というギターエフェクターを使用して録音する方法をご紹介します。

ルーパーとは、ギターやベースに接続し、弾いた音を録音し、再生することのできるエフェクターです。

このルーパーの面白い所は、何個も音を重ね撮りできることです!

例えばまずコードを弾き、それに合わせて次はベース音を足していき、ギターソロを重ねて弾くといった、一人セッションをすることができます!

録音してすぐに音を確認できるのもルーパーを使って録音するメリットです。

ライブなどで実用的に使用するのは中々難しいですが、使い方によっては面白い使い方もできるので、ぜひ使用してみてください!

普段の練習で何を意識するべきか

自分の演奏を録音して確認し、リズムがブレブレであるとか、ミスタッチ、フォームが汚いなどが発覚した場合、普段の練習でそれを意識して取り組む事で、徐々に問題点を改善していけるでしょう。

例えばリズムのブレはメトロノームを使用し、問題のあった部分を繰り返し練習したり、フォームの矯正などは鏡を目の前に用意したり、動画を撮って何度も確認するなどし、上手い人と比べて自分のフォームはどこがダメなのかを考察するといいでしょう!

まとめ

ギター上達のコツは自分の演奏を録音しろ!ということでなぜ録音して自分の演奏を聴くべきなのかをご説明しました!

録音の方法として、

ギターを録音する方法

・スマホ、デジカメなどで動画を撮る
・DAWソフトを使用し、ライン録音する
・ルーパーを使用する

この3つを細かくご紹介させていただきました!

客観的に自分のプレイを見たり聴いたりすることで、普段弾いているだけでは気づけなかったミスや癖などが発覚することもあるので、自分の演奏を客観的に知るというのは上達する上でとても重要であり、コツでもあります。

また、過去の自分の演奏を記録として残しておくことは、後で確認した時に「あの頃は下手くそだったな…」と上達を実感できるし、さらに上手くなってやる!とモチベーションを上げる事もできるので録音したこと無いという方は今すぐにでも録音するべきです!

また、自分の演奏を誰かに見せるというのは上達するのにかなり効果的であるので、勇気のある方はSNSなどに自分の演奏した動画などを公開するのもありだと思います!

この記事を読んだ方は、ぜひ自分の演奏を録音してみてください!

レッツギターライフ!

https://kunblog-gt.com/%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%8c%e3%81%b0%e6%8c%ab%e6%8a%98%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%9f%e3%82%ae%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%92%e7%b6%99%e7%b6%9a%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae

ギター初心者は独学とギター教室通うのはどちらがいいの?こんにちは、kunです! 僕がギターを始めたばかりの頃、教則本やyoutubeなどを見ながら必死に練習している時に、やっぱ独学だと...
関連記事はこちら