初心者講座

ギターのチューニングとは?初心者の為のやり方と注意点の解説

こんにちは!kunです!

ギターを弾く上でとても重要なチューニング。

初心者の方でたまにチューニングが上手くできておらず、正しい音で弾けていない方がいます。

いくら技術的に弾けていてもチューニングのずれた音で練習していては上達もしません。

教則本などを見てもイマイチ正しいチューニング方法が分からないという方もいると思います。

そこで、チューニングとはなんぞやという超初心者のために、チューナーの種類やチューニングのやり方を丁寧に分かりやすくご説明します!

この記事を読んで正しいチューニング方法を覚えましょう!

ギターのチューニングとは?

ギターのチューニングとは、簡単に言うとギターの1弦〜6弦の開放弦の音を、決められた音の高さに合わせる事です。

開放弦とは、フレットを何も抑えずに鳴らした時の音の事。

ギターのチューニングはド、レ、ミと表すのではなく、A、B、Cなどのアルファベットで表します。

ド レ ミ ファ ソ ラ  シ 
↓ ↓ ↓  ↓       ↓    ↓      ↓ 
C   D  E    F     G      A    B

そして1弦~6弦までの合わせる音は次のものになります。

6弦  5弦  4弦  3弦  2弦  1弦
↓  ↓  ↓  ↓   ↓    ↓
E    A   D   G   B  E

この「EADGBE」レギュラーチューニングは暗記しましょう。

慣れない最初のうちは

あれ、レギュラーチューニングの音ってなんだっけ?

…と毎回確認しないと分からないと思いますが、何度もチューニングしていくうちに覚えてくるので、覚えましょう!

チューニングの方法とは

EとかDとかに合わせるのは分かったけど、どうやってやるの…

と思う方もいるでしょう。

チューニングには

①チューナーを使用する
②音叉(おんさ)を使用する
③耳だけでチューニングする

などの方法があります。

音叉(おんさ)に関しては僕は使っている人を見たことがありません(笑)

また、よく耳でチューニングできなきゃだめだとか言うおじさんがいます。

勿論耳でチューニングできるに越したことはないですが、今時チューナーを全く使わずにチューニングしてるギタリストなんてほぼいないと思います。

なので迷わず初心者は「チューナー」を使いましょう!

チューナーにもいくつか種類があるので、次はチューナーの種類についてご説明します!

チューナーの種類

チューナーにもいくつか種類があります。

その中でも、大体の人が次の3種類のうちのどれかを使用していると思います。

カード型チューナー

ギターとチューナーをシールドで繋ぎ、チューニングするタイプのチューナーです。

中にはマイクを内蔵しており、繋げなくてもチューニングできる物もあります。

ですが内臓マイクでチューニングするのは精度も悪く、シールドを繋いで行う事をおすすめします。

メトロノームを内蔵しているものもあり、練習にも使用できます。

また、価格がとてもリーズナブルで、安い物で1,000円程で買えるものもあり、お財布に優しいですね!

クリップチューナー

ギターのヘッドに挟み、ギターの振動を感知することでチューニングを行うチューナーです。

非常に小さく持ち運び安さ、チューニングの手軽さならNo.1です!

価格帯は安い物で1,000円~8,000円程とまちまちですが、安い物だと精度が多少他のチューナーに劣るかもしれません。

ですが絶望的にチューニングが合わないという事は無いので、荷物を減らしたい、手軽にチューニングしたいという方におすすめです!

ペダルチューナー

こちらもギターとチューナーをシールドを繋ぎ、チューニングするタイプのチューナーです。

チューニングの精度としては最も精度が高く、視認性が高いため、エフェクターボードなどに組み込んで使用する方が多いです!

視認性が高く、立ったままでも見やすいので、照明が暗いライブハウスなどでも問題なくチューニングすることができます。

価格帯は一番高く、5,000円から、高い物で10,000円を超えるものもあります。

大きさは他の2つに比べると大きいので持ち運びという面で考えるとデメリットかも。

その他のチューナー

・ラックチューナー
・スマホアプリのチューナー

などもあります。アプリのチューナーはkunもたまに使用しますが、精度としては本物には劣るので、チューナーを忘れてしまった時、手元にチューナーが無い時などには便利だと思います。

ですがやはりきちんとチューナーは購入した方が絶対いいので、あくまでも補助的な感じで使用する分には便利です!

チューニングのやり方

チューニングとは何なのか、方法などを説明してきました。

ここでおさらいですが、ギターのチューニングは

6弦  5弦  4弦  3弦  2弦  1弦
↓  ↓  ↓  ↓   ↓    ↓
E    A   D   G   B  E

に合わせます。

その知識を踏まえて早速チューニングをしてみましょう!

①チューナーをセットする

クリップチューナーならギターのヘッドにクリップを挟み、カード式、ペダル式チューナーならシールドを使いギターと繋ぎましょう!

②チューナーの電源を入れ、メーターが反応しているか確認する

チューナーの電源を入れたら、どの弦でも良いので開放弦を鳴らしてみて、きちんとチューナーのメーターが反応しているか確認しましょう!

③6弦~1弦の順番でチューニングしていく

ペグを緩めると音が低くなり、締めると高くなります。

チューナーのメーターがぴったりと真ん中に来るようにペグを回していきます。

チューナー上に、アルファベットでE、Dなども表示されているので、各弦合わせるべき音に合わせます。

例えば、6弦(E)に合わせる時に、開放弦を弾き、チューナーはDを示していたら、まだ6弦の本来の音であるEより音が低い状態です。

なのでペグを締めていき、Eと表示され、メーターが真ん中に来るように調整しましょう。

6弦が音が合ったら、同じ要領で各弦合わせるべき音にチューニングしましょう!

④再度全ての弦をチューニングする

6弦~1弦までチューニングを終えたら、再度6弦~1弦まで音が合っているかチェックします。

ギターや使用している弦によっては中々安定せず、一度ではきちんとチューニングが合わない事があります。

何度か繰り返しチューニングを行い、ずれることなく安定するまで行いましょう。

チューニングの注意点

チューニングを行う際に注意すべき点を二つ上げます。

①チューニングは低い状態から合わせる
②毎回ギターを弾く前に必ずチューニングする

それぞれ詳しく説明していきます。

①チューニングは低い状態から合わせる

一度高くなった音をペグを緩めて調整する場合、弦が緩くなり音程が安定しづらいのです。

メーターが右に振れている状態、すなわち音が高い状態から弦を緩めてメーターを中央に合わせてチューニングするのは安定しません。

なので必ず音が低い状態、メーターでいうと左に振れている状態から音を合わせるようにしましょう!

②毎回ギターを弾く前に必ずチューニングする

ギターを練習する時は毎回必ずチューニングをするようにしましょう。

というのも、チューニングというのは1日弾かずに放置しているだけでも狂ってしまうし、湿度や温度にも影響を受けるので、毎回ギターを弾く時は最初にチューニングをする癖をつけましょう!

ギターのチューニングのやり方、注意点のまとめ

ギターの各弦を決められた音に合わせるチューニングですが、その決められた音とは、

6弦  5弦  4弦  3弦  2弦  1弦
↓  ↓  ↓  ↓   ↓    ↓
E    A   D   G   B  E

に合わせるということを覚えましょう。

チューニングはギターを弾く上で必ず行う行為なので、このチューニングは暗記しましょう。

また、チューニングを行うチューナーの種類も

①カード型チューナー
②クリップチューナー
③ペダルチューナー

とありましたが、初心者セットなどにはカード型チューナー、もしくはクリップチューナーが付属すると思います。

初心者が購入するとしたら、kunのおすすめは

②クリップチューナー

です!

手軽にチューニングできる点と、価格も比較的安価、持ち運びや保管もしやすい点がチューニングに慣れていない初心者にぴったりです!

なので初心者はどのタイプを買うか悩んだらクリップチューナーを買えば間違いないと思います。

正しいチューニング方法を覚えて練習も頑張りましょう!!!

レッツギターライフ!

 

 

 

 

関連記事はこちら