ギタリスト

日本の若手ギタリストで上手いのは誰?上手い若手ギタリスト5選!

こんにちは!kunです!

TwitterやYouTubeなどを見ても最近若いギタリストでめちゃめちゃ上手い人が本当に多いと感じます。

その中でも、世界で活躍も期待できる実力を持った、本当に上手い若手ギタリストをご紹介します!

若手と言うと幅が広いので、今回は20代以下に限定し、年齢的にも若いギタリストのみを選出しました。

※2019年10月の時点で20代以下を選出しております。

日本の上手い若手ギタリスト5選

だいじろー「JYOCHO」

プログレッシブポップバンド「JYOCHO」にてGt.voとして活躍しているだいじろーさんです。

2015年までは「宇宙コンビニ」という3ピースバンドで活躍していました。

JYOCHOはフルートの入った5ピースのバンドなのですが、プログレッシブポップということもあってテクニカルで、バンド名の通り情緒感を感じるサウンドが独創的です。

ジャンル的に万人受けする曲調では無いですが、JYOCHOは海外でもツアーをするほど一部のコアな音楽ファンから絶大な支持を得ています。

だいじろーさんのギターを一言で表すなら・・・

変態

です(笑)

JYOCHOの曲はチューニングがDADGADの曲が多い印象です。

日本のバンドでギターがDADGADチューニングの曲が多くあるってだけでもうすでに変態感が溢れます(笑)

タッピングを多用したとにかくテクニカルな奏法が特徴的で、基本的にピックを使わずに8fingerスタイルが多い印象です。

このような変態的なフレーズを弾きながらだいじろーさんはコーラスも普通にやりますからね。

なんであんな難しいフレーズ弾きながら歌えるねん!
頭おかしいやろ!(褒め言葉)

変拍子で尚且つ変態的な超絶技巧のフレーズの数々なのに、どこかメロディアスで暖かさを感じる優しいサウンドは、唯一無二のギターです。

Ichika

2016年頃からInstagramやTwitterなどに演奏動画を投稿し、その圧倒的な超絶技巧テクニックと美しい楽曲、透明感のあるサウンドなどが世界的に注目され、世界の音楽通達からも注目を集めるIchikaさん。

ソロでの活動以外にも、ゲスの極み乙女。の川谷絵音らとインストバンド「ichikoro」でも活躍しており、活動の幅を広げています。

演奏スタイルは非常に独特で、ギターを上下半分に分けてピアノの様に捉えて演奏しているそうです。

上半分(6弦、5弦、4弦)と下半分(3弦、2弦、1弦)に分けて、ピアノの低音と高音のように演奏しています。

タッピングなど両手を駆使した超絶テクニックだけでなく、音作りも非常に独特なサウンドで、聞いている人を惹きこむ魅力的なサウンドは中々真似できないでしょう。

ギター一本の演奏なのに物語や起承転結も感じられ、心が浄化される様な壮大で独特な世界観の楽曲は圧倒です。

もはや芸術の域だと感じられるくらいとにかく美しい…

Ichikaさんのギタリストとして影響された音楽はヘヴィメタルバンド「Iron Maiden」ということにも驚きです(笑)

Ichikaさんの楽曲のジャンルを表すと難しいですが、もはやIchikaという新しいジャンルを作ったと言っても過言では無いくらいオリジナリティ溢れる独創的な楽曲の数々は是非聞いてみてください。

岡聡志

ギター・マガジン誌上コンテスト「Guitar Magazine Championship 2012」と、YOUNG GUITAR主催「GIT Masters 2012」のダブルグランプリ受章で当時話題になった岡聡志さんです。

セッションやサポート、講師などの他、若手のスゴ腕ギタリストが集結した超絶ギタリスト集団「GUITARISTS ON DEMAND」のメンバーでもあります。

MI JAPAN東京校出身のギタリストで、BABYMETALの神バンドや、MIJAPANの講師などで活躍した藤岡幹大さんなどから師事を受けており、師匠の藤岡先生とのセッション動画では、そのメロディアスな超絶技巧を聞くことができます。

その功績と藤岡幹大さんの弟子ということもあり、BABYMETALの神バンドに加入も期待されています。

演奏スタイルはアームを使用し、メロディアスでメロウなトーンを出し、ハイブリッドピッキングやスキッピング、タッピングなどを駆使した超絶技巧テクニックが特徴です。

影響を受けたギタリストとして、ブレッド・ガースド、ジョン・ペトルーシ、アラン・ホールズワース、ガスリー・ゴーヴァンなどから影響を受けたようです。

ギターをやっている方なら分かると思いますが、とにかくフレーズが鬼難しいです。

それを涼しい顔で平気でやってのけるプレイアビリティと、フレーズ一つ一つが歌わせる様なメロディックで変態的なテクニックは若手ギタリストの中でも群を抜いています。

8弦ギターを駆使したDjent感のあるフレーズや、アトリエシネマというバンドではポップな曲の雰囲気を崩さずに岡聡志節全開のフレーズを披露するなど、守備範囲もとても広いです。

平賀優介

MI JAPAN東京校出身であり、岡聡志さんの後輩ギタリスト、平賀優介さん。

YOUNG GUITAR主催「GIT Masters 2015」にてグランプリを獲得後、岡聡志さんも加入している超絶ギタリスト集団「GUITARISTS ON DEMAND」のコンテスト「G.O.D. COMPETITION 2016」でも作曲部門でグランプリを受章し、その後メンバーとして加入もしています。

また、2016年には「Arise in Stability」というプログレッシブメタルバンドにも加入し活躍しています。

MI JAPAN時代には藤岡幹大さんの師事を受け、なんと2018年12月にはBABYMETALの神バンドの新ギタリストとして抜擢され、師匠である藤岡さんの後を、弟子である平賀さんが継ぐという展開になり、話題になりました。

攻撃的な激しいサウンドと、早弾きテクニックはかなり高度であり、

ハイブリッドピッキングやスウィープやタッピングを駆使した奏法はまさに現代ギタリストらしい超絶技巧テクニックです。

とにかく安定感が凄まじいです!

ピックングの正確さがあり、運指も綺麗なのですが、一音一音の粒もよく、迫力のあるサウンドで、聞き応えのある演奏です。

年齢も若くこれから幅広い活躍が期待されるギタリストの1人です!

Li-sa-X

5歳の頃から父親の影響でギターを始め、YouTubeに演奏動画を投稿したところ、小さい女の子とは思えないテクニックがかなり話題になりました!

2019年時点でまだ14歳の中学生ですが、現在はソロでメジャーデビューもしています。

数々の作品フェスやセッションなどに出演し、14歳ですがその活動の幅は大人のギタリストに引けを取りません。

ポールギルバートやキコ・ルーレイロなど、世界の名だたるギタリストとの共演も果たしており、今後の活躍も世界的に期待されているギタリストの1人です。

小さい頃の動画を見てみても既に上手い…

kunはこの動画を見たときギターを辞めてやろうかと思いました(笑)

スウィープやタッピングなどの早弾きを得意としており、プレイの幅も王道ロックからメタル、フュージョン、カントリーまでも弾きこなしてしまうとんでもないポテンシャルの持ち主。

この若さでかなりの場数を踏んでおり、実力も申し分ないので、もっと大きくなった頃には世界No. 1の女性ギタリストになるのではないでしょうか。

日本で今後の活躍や成長が期待される女性ギタリストでは間違いなく彼女がNo. 1です!

JYOCHOやIchikaなど聞くならAmazon Music Unlimitedがオススメ!

記事内で紹介したJYOCHOやIchikaを聞くなら、幅広いジャンル6,500万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedがオススメです!

  • 30日無料トライアルができる
  • 6,500万曲が聴き放題
  • いつでも解約できる
  • 自由にプレイリストを作れる

30日無料トライアルもあるのでぜひ体験してみてください!

Music Unlimited30日無料トライアルはこちら※無料トライアル中に解約すればお金はかかりません。

日本の上手い若手ギタリスト5選 まとめ

今後の活躍が期待される上手い若手ギタリストを5名ご紹介しました!

①だいじろー「JYOCHO]
②Ichika
③岡聡志
④平賀優介
⑤Li-sa-X

最近は若くてべらぼうに上手いギタリストがうじゃうじゃいてビビりますね…

自分の演奏スキルと比べたときに本当ギターを投げ捨てたくなりますよ…(笑)

また、新しいプレイスタイルや独特な曲調なども生まれてきて、まだまだギターの表現の幅は広がりそうだな思いました。

今回紹介できなかったスゴ腕の若手もギタリストもたくさんいます。

また、これだけ若手で化け物クラスのギタリストがたくさんいるので、日本のギターの将来も捨てたもんじゃないと思います!

レッツギターライフ!

ギターマガジンや教則本が無料で読み放題!【Kindle Unlimitedとは】 という方に朗報です! 最新機材の情報や、バンドやギタリストの特集記事、時にはtab譜付きの楽曲解説など、ギタリスト...